空手道辻堂道場のブログ

神奈川県藤沢市辻堂にて空手の道場をやっております。 武道の心を皆様の人生に活かしていただきたいと願っております。 道場生の皆さんは真剣に楽しく稽古に励んでおります。 とても良い雰囲気の道場です。 競争や優劣の争いではなく、心を重視し、基本・型を中心に稽古しております。 よろしければ共に稽古しましょう。 お待ちしております。

コロナ騒動が相変わらず続いています。

コロナ疲れという言葉がありますが、まさにそのようになっている人達が増えています。

飲食店をはじめ国民に対する負担も度を越して酷くなっています。

にも関わらず、この1か月だけで国民に更なる負担を強いる出来事がたくさん起こっています。

おそらくこの騒動の発生当初よりも「これは絶対におかしい・・・」と気付かれる方も増えているのではないでしょうか。

それぐらい私達国民は理不尽を押し付けられています。

確実に解っている事は政府をはじめ権力や利権を欲する人達は決して私達国民のために動いているわけではないという事です。

それはこれからもっと酷くなっていきます。

https://youtu.be/frKV-2VA68g 

https://youtu.be/IKhpzvqjMY0 

いまだそのような事実を受け入れられずコロナ脳に陥っていく人達もいますが、メディアの言う事に素直に従い続ける事は自滅の道に他なりません。

ワクチン接種の問題をとってもそれがよく見えてくると思います。

政府の言う通りに打った人が幸せになっているでしょうか。優遇されているでしょうか。

接種してもマスクをしたままで自粛要請には応じなければなりません。

それどころか副作用が発生しても補償はされません。

これから長期的にどのような形で体に影響を及ぼすか解らない訳ですから、潜在的な不安を抱えたまま生きていく事になります。

打った後でも精神的な負担は軽減されません。

先月お伝えした通り政府はファイザー社などの製造元は一切の責任は取らなくて良いように法律まで整備しています。

国民の安全は完全に無視して、製造元の利益を優先している事は明らかです。

打たない人も社会的な差別を受けたり行動を制限されます。

公共交通機関の利用も制限するという話しまで検討され始めています。

私達国民はワクチンを打たない人・打つ人関係なく双方ともにどうでもよい扱いを受けています。

今後はそれらが色々な分野で更に明確になってきます。

 

2021616日に銀行法が改正されました。

また1つとても危険な法改正が成立してしまいました。

なぜこの銀行法がマズいのかというと、日本人の仕事が奪い取られる事になってしまうからです。

これは現内閣に入り込んでいるデービット・アトキンソンという人物が進めているものですが、この内閣は中小企業改革を進めるためにМ&Aを強力に推し進めると以前から言っていました。

それを日本は急速に推し進めています。

https://youtu.be/GrRAPEXJEVo?t=21 (銀行法改正の危険性)

また、このアトキンソン氏は「日本の中小企業は生産性が低い。こんなものは大企業の足を引っ張る寄生虫だ。」と発言している人物です。

この法案を通して何をやりたがっているのか明確に解るかと思います。

日本の中小企業は258万社で日本人の7割を超える3200万人もの雇用を確保している国民の大切な恩人であり財産です。

日本全体の997%を占め、製造業に至っては付加価値総額が137兆円と大企業を上回っているほど私達の幸せに貢献してくれています。

かつての日本にはその事をしっかりと解っている人達もいました。

外資銀行の危険性を認識し、日本人の雇用をМ&Aから守れるような法整備をしていました。

今回改正される前までは、銀行が保有する非上場企業や中小企業の株式は上限5までに規制していたのです。

銀行は各企業に対して必要以上の発言権や支配権は持ってはならなく、あくまで資金を提供するなど中小企業や民間を手助けする事に専念してくださいという配慮からです。

これには日本の心と文化を守ろうとする精神が見えます。

しかし、М&Aのように企業同士の買収によって利益を得るような輩にとってはこのような日本的な法律は邪魔で仕方がありません。

そこで今回の法改正の際に銀行は株を100%購入して良いとしてしまったのです。5%100%です。考えられない暴挙です。

更にこれには外資銀行の参入規制が一切ありません。

外資が日本の財産を簡単に買い取れることになってしまいます。

日本の中小企業の技術力は大変に優れています。

現政府はこの日本の誇りである調和の精神や財産を売り渡してしまおうというのです。

М&Aを仕掛けてくる人達はCIA絡みの連中が大変多いのです。とても狡猾です。

苦しい経営状況の足元を見て安く買い叩かれてしまった企業は多数存在しています。

彼らの目的は技術力とノウハウです。日本人の雇用を守る事が目的ではありません。

2016年に買収されたシャープはその典型例です。ホンハイという会社に買収されました。

その優れた技術はホンハイの使いたい放題にされたあげくに7000人もの日本人が解雇です。

それまで培ってきた日本の理念や伝統、人間同士の絆などは彼らにとってはまったく関係ありません。

今までも色々な国がこうしてどんどん力を奪い取られ貧困国となってきているのです。

大国と呼ばれる国がありながら、なぜか属国化した貧困国と呼ばれる国が存在している。

同じ国なのにどうしてここまで差が広がってしまうのか。

それはこういう事実があるからなのです。

今はそれが本格的に日本に向けられています。

アトキンソンが所属している外資銀行のゴールドマンサックスは2019年時点で、金融庁に働きかけ日本でも銀行を経営する事ができるように取り決めをしています。

そういった事を密かに準備をして今回の改正で一気に日本企業の統廃合を進めようとしています。

日本の技術力の9割は中小企業が担っています。

経産省も「経済白書」で中小企業は日本の命であり要であると認めています。

それを助けるどころか自分達の利益のために売り渡してしまうのです。

これで企業が外資銀行に買収されて多くの人達が失業していく可能性はグンと高まりました。

中小企業で働いている人達は家族の生活もそれで成り立っていると思いますが、本当に他人事ではなくなってきています。

すでに倒産した中小企業は1710社にも上りますが、今後も補償はされない事は確実です。

これと似たような出来事や法案は裏側で次々と起こっています。

https://youtu.be/QllOVSPdVN0  (外国に売り渡される日本)

このコロナ禍で一気に加速しています。国民の幸せとは明らかに逆の動きが加速しているのです。

何故かを考えていただきたいと思います。彼らの本音を考えていただきたいと思います。

こういった事実に目を向けると本当に1人1人が変わるしかない事が解るのではないでしょうか。

ここまで実態を見せつけられても変わろうとしない人もいますが、それでもいずれ変わる道を選ぶしかなくなります。

なぜなら権力は今後も私達を助ける事はしないばかりか搾取を強めてくる事は明白だからです。

そうであるならば1日でも早く依存から脱し、国民同士で助け合う意識に転換していく事が重要ではないでしょうか。

日本はGHQの占領政策によって「心の文化」から「競争社会」に作り変えられてしまいましたが、その競争はこのような理不尽な出来事によって限界を迎えています。

権力や利権などは欲やエゴが大きいからこそ生まれるものです。

ですが、本当はそれに惑わされない本物の心と気を持っていたのが日本人です。

日本人は調和力によって本来の力を発揮できます。武道の斬らない心と技もそんな日本人だから生み出せたのです。

このような状況の時こそ日本の心と調和力の深さがどれほど素晴らしいものであるかに目を向けて精神的な復活を目指すべきだと思います。

 

戦後の日本が独立するかどうかを決めるサンフランシスコ講和会議でアジアの人達はこのような事を述べてくれています。

 

タイのククリット・プラモード首相

「日本のおかげでアジアは独立する事ができた。

 日本は身を挺して私達に大切な事を教えてくれた。アジアの国々は決して忘れてはならない。

 一体誰のおかげでアメリカや中国と対等な立場でものを言えるようになったのだ。

 日本はずっとアジアの独立をかけて孤独に奮闘してくれた。

日本以外は植民地支配に甘んじ、日本だけに全ての責任と負担をかけてしまったからこそ日本は敗戦し属国化し苦しんでいるのだ。

私達はこの事に無関心であってはならない。

この事は責任をもって後世にまで伝え続けるべきである。」

 

スリランカのジェア・ワルナダ大統領 

「日本はアジアの国々のなかで唯一独立を維持し、植民地支配などという非道を正してくれた。

これを世界に示してくれたのだ。したがってスリランカはこれからも一切の対日賠償請求を放棄する。

なんで日本に助けられた私達が戦勝国のプロパガンダにのせられて戦争の賠償請求などしなければならないのだ。

そんなことはあり得ない。私達は日本のおかげで今がある。

やるならば賠償請求ではなく日本復興のための支援である。」

 

これを会議で声高に宣言して場内が一斉に称賛に沸いたのです。

たくさんの人が日本を愛してくれているからこその称賛です。

日本はサンフランシスコ条約でとりあえずの独立を果たしますが、これは単純な日本とアメリカのやり取りで決まったのではなく、スリランカの大統領やアジアの人達が裏で強力な後押しをしてくれたからこそ条約にこぎつける事ができているのです。

当時の講和会議に出席した日本人も

「日本は今回いただいた恩を永遠に語り継がなければならない。特に子供達には絶対に伝え続けなければいけない」と発言しています。

今の私達がこの事を子供達にしっかりと伝えているでしょうか。

日本人はこんなに愛されているという誇りや喜びを伝えているでしょうか。

更に、このスリランカの大統領は90年に亡くなりますが、自分の遺体を必要としている日本人に提供したいと遺言を残していました。

実際に長野県在住の目が不自由な女性のために角膜移植をして女性は回復しています。

回復された方は「スリランカの皆さんに心からの感謝を伝えたい」と語っていたそうです。

ここまで日本人は信頼と感謝をされていたのです。

 

当時の世界は植民地支配が普通の事であり常識とされていました。

このようなおかしな事が常識となっている今の状況とよく似ていたのです。

しかし、そのような常識がはびこっていた時でも日本人はそんなものに決して惑わされていなかった事が解るかと思います。

常識とは正しいものではなく、大抵は一部の人達の都合の良いように刷り込まれているものです。

それをしっかりと見抜き、心によって行動できたのが日本人の本来の力です。

世界の流れに巻き込まれて戦争という残念な形になってしまいましたが、それでも日本は狂った常識に反対を唱え続けていました。

一度も侵略や略奪は行っていません。

最後まで心を失う事なく行動していた人が多かった事はこういった事実から読み取れるのではないでしょうか。

今も同じようにマスクやワクチン、企業の統廃合と次々とおかしな常識を押し付けられ私達は精神的な分断を強いられています。

ですが、私達には事実をしっかり見抜き、権力に依存せず、国民同士で自立して助け合うという選択肢があるのではないでしょうか。

この競争社会はたくさんの権力や利権を生み出し、人間同士の欲やエゴを増長させてきました。

これからはそんな競争社会から生まれた嘘の常識に惑わされず、どれだけの人達が心の大切さに気付けるかが重要です。

そのような時に日本の調和力と文化は絶対に失ってはいけないものだと思います。

日本人は一方的な侵略を繰り返した最低な奴らという事はありません。

https://youtu.be/npqSQcvzBtU (信頼されていた日本)

コロナ禍の風潮に惑わされず、他の国では真似のできない調和力をもって行動するのが日本人のはずです。

私は日本人が本来の在り方を思い出せれば、まだ十分に社会を良くしていけるのではないかと思います。

改めて皆様とより心を大切にしていきたいという思いを深くしています。

皆様とはこれからも混乱に惑わされない生き方を共有させていただき、共に日本人の在り方を考えていければと思います。

毎回の稽古がご自分の気の創出につながり喜びを感じる事につなげていただければ大変嬉しく思います。

いつもご参加いただきありがとうございます。

保護者様にはお子様をお預けいただきありがとうございます。

少しずつ安定した稽古ができるようになってきたのも皆様のお陰です。

このような時でも稽古に来てくださる皆様の心と気を感じると尚の事そのように思えます。

心より感謝しております。

 

コロナ禍と呼ばれる事態の混迷が続いていますが、最近は権力を握ったと勘違いしている人と言った方が良いでしょうか、そのような一部の人達の暴走が酷くなっています。

「これは本当におかしい・・・」という声も増えているようですが、メディアは依然として態度を変えず恐怖と不安を煽る報道を続けています。

このような状況が一年以上も続いた事によって、理不尽な要請の連続に疑問を持ち、独自の判断で行動する人達も増えてきています。

特に飲食店などに対する時短要請などは顕著で、長期間に及び経済的な負担を強いられています。

その中で政府の要請に従わず、独自の行動をする飲食店などは20時を過ぎても営業を続けていますが、多くのお客さんが楽しそうにしています。

藤沢や大船でもそのようなお店の中は満員です。応援する人達もたくさんいるという事だと思います。

1年前は攻撃や非難の的だったのかもしれませんが、今はそうではなくなってきています。

この騒動はメディアや権力者が煽るようなものではないと気付いている人達が増えてきているのです。

良い傾向ではないでしょうか。そもそも本来は国民の方に主権があります。各自の判断で行動して良いはずです。

皆がそれを始めないと日本の文化も心も失われて取り返しがつかなくなります。

何故なら権力を欲する人達やメディアは決して私達の幸せのために動く事はないからです。

それどころかこのまま従い続ければ確実に支配・管理社会になってしまいます。

「補償はしません。あなた達国民は黙って我慢をしなさい。従わない人がいるから状況が良くならないのです。従わないなら罰則を与えます」

このような態度が露骨になってきています。

あくまで権力の維持や利権を優先する。彼らはこのような本音をもはや隠そうとしていません。

裏で進められる法案も国民にはとてつもない負担になるものばかりです。特に最近は度を越しています。

https://youtu.be/rJmWHSbvmwg (加速する中小企業潰し)

これが占領政策によって「心と調和の文化」から「競争社会」に作り替えられてきた戦後の日本の本当の姿だという事です。

私達が世の中を良くしてくれていると思わされていた人達の実態です。

このコロナ禍で補償もせずに理不尽を押し付けられた結果、貧困の子供達も急速に増えています。

ある家庭では1100円で生活し、冷蔵庫は常に空っぽ、生活保護すらも政府に断られてしまい補償もないという家庭すら出てきています。

母親の「子供が甘い物を食べたいという時は、公園の花の蜜を一緒に吸ってしのいでいる」という言葉や、

子供の「お母さんは冷蔵庫を開けて泣いている時がある・・・」という言葉を皆様はどう思われるでしょうか。

各自の飲食店をはじめ補償を必要とする人達も見殺しにされています。

ある学校では、飲食店で食事をした生徒が皆の前で説教された上、1人だけ別室に隔離して授業を受けさせられるという事まで起きています。

このような事がまかり通る今の社会をどう思われるでしょうか。

https://youtu.be/5Zikz3VaWrE (貧困の危機を迎える日本)

飲食店を応援するように自らの意志で行動する人達も増えてはいますが、残念ながらいまだにメディアや権力に従うのが当然であり、それが正しいと思い込んでいる人達も多い状況です。

これだけ理不尽を押し付けられておきながら、権力やメディアに従う事が正しい事ではないといつになったら気付くのでしょうか。

今こそ国民同士が自立して助け合う事を本当に大切にするべきです。

調和力と深い心を持った日本人は、いつから権力や名声のある人を盲信するような人間に変わってしまったのでしょうか。

日本人は刀を抜かない事を目的とし、武道の目指すべき道は人を愛する事であると多くの日本人が共通認識として持っていました。

そのような技と心を生み出した日本が今はこのような状況になっています。

私達は本当の事実に目を向けて、1日でも早く本来の在り方に立ち返る必要があると思います。

 

日本人の精神性は急速に失われつつあります。

元々失われつつあったのですが、このコロナ禍によってとどめをさされそうな状況です。

私達は今を生きる大人として何としてもこの素晴らしい心と文化を守らなければいけないと思います。

このコロナ禍が長引いている事や、騒動がここまで大きくなった事はウイルスが原因ではない事は多くの人達が気付いています。

https://youtu.be/Y-OrpEeFAKw (解明されているコロナの安全性)

一番の原因は感染対策や、補償の問題、ウイルスによる恐怖ではなく、競争社会によって刷り込まれた不安や恐怖であり、心の喪失が原因です。

メディア(権力・権威)などに従順に従い、国民同士が平気で分断し合う。

今ここにいる人達と助け合う事よりも、お上の言う事や世間様から非難を浴びない方が大事というこの風潮はまさに心の欠如といっても良いのではないでしょうか。

私達はこの心の喪失を長い年月をかけて意図的にやられてきています。

ある調査機関が「自国に誇りがありますか?」というアンケートを子供達に実施したところ日本は世界で断トツの最下位という結果となっています。

また、ある中学校では生徒に歴史や道徳の授業をする目的としてこう定めています。

「日本人がアジアの国々や、朝鮮半島の人々に対して甚大な犠牲を強制した身勝手さ・残虐性を強調し、生徒達に日本人の非道さと酷さが伝わればそれで良い。細かい歴史の真実や日本人の本当の真意などはどうでもよい

と、定めて実際に延々と生徒達にそのような日本に失望するような嘘の教育を刷り込んでいるのです。これは明らかな洗脳です。

https://youtu.be/iJGrVaNOW98 (子供達に行われている洗脳教育)

衝撃を受ける方もおられると思いますが、これは共産思考に染まった日本人教師達と日本の学校で本当に行われている事実です。

このような教育を受けた生徒達の感想文は、

「日本人はアジアや朝鮮の人達に嫌われても当然だと思う」・「日本には本当に失望した。最低の民族だと思った」

「日本の未来は暗い」・「日本語はダサい、英語の方が格好良い」というものが大変多かったそうです。

更に台湾という国は大変な親日国ですが、そのような国の事でもメディアは意図的に日本人を貶める報道に捻じ曲げています。

NHKに至っては、「日本は台湾人を動物扱いし、日英博覧会の時に原住民を見世物として晒し者にした」などと特集番組まで放送しています。

番組の内容も、「日本人は台湾人に言語の使用を禁じた」とか、「台湾人を日本軍の捨て駒として利用した」などと紹介し、実際に台湾人が泣きながらインタビューに答えてるシーンを偽のテロップと共に流し、日本の台湾統治時代は暗黒の時代だったのだと番組を締めくくるような放送をしています。

しかし、これらメディアや教育で伝えられている事は事実ではありません。

実際、この番組の放送後に台湾人自身が、

NHKは外国資本の利益のために都合の良いところだけを放送している。明らかに日本と台湾を陥れている偏向報道だ」、

「日本人は私達にそのような事はしていない。私達は日本に感謝をしているんだ!」と訴え、事実を知る人達が1万人以上集まって裁判をしたという事すらあったほどです。

この人達は現実に当時の日本人の姿を見ていた人達です。彼らは知っていたのです。

また、先程の朝鮮やアジアに非道な侵略をしたというのも事実ではありません。

https://youtu.be/cLWgy7Br3Ao (日本に感謝をする朝鮮人)

https://youtu.be/npqSQcvzBtU (日本に感謝をするアジアの国々)

 

また、台湾の人達には

「かつての台湾は野蛮人の集まりだった。

しかし、日本人は統治時代に沢山の教養・文化・インフラをもたらし、何より人としての心を私達にたくさん教えてくれました。

だから、私達は日本に統治されたとは思っていません。

何故なら日本人は台湾を植民地扱いせずに対等に接してくれたからです。

厳しい人達だったが、我々台湾人が自らの力で独立できるようにという思いなのが伝わってきた。

私達は本物の心を教えてもらいました。

もちろん今でも日本に受けた恩を忘れてはいません。何より日本の武士道精神を尊敬しています。」

と、たくさんの人達が言ってくれています。

 

更に、台湾のエバー航空の張栄発氏という方は東日本大震災時に日本に10億円もの寄付をしてくれています。

その際に張氏は、「私が寄付した事はくれぐれも誰にも言わないでくれ」と念入りに言われたそうです。

そして、寄付をした後は一切自分からは話さず、話題にも上げずに日本の支援を続けてくれていました。

張氏は、

「私は本当の善は人の見てないところでしなさいと日本人から教わった。日本人はその言葉通りに実践して私達に示してくれた。

今の台湾があるのは日本人のおかげだ。私も尊敬する日本の精神を守りたい」とか、

「お金は100万円だろうが、100円だろうが価値の違いはない。だけど自分で寄付した事をひけらかすならば価値を失う」

と語るとともに、この精神は日本人から教えてもらったものであると常々語っていたそうです。

日本と台湾の信頼と友情の為ならいくらでも努力すると言ってくれていますが、ここまで当時の人達に信頼される接し方をしたのが日本人なのです。

こういった事を知ると、こんなに私達にとって大切な事実をまるでなかったかのように捻じ曲げてきている日本の権力やメディアの凄まじい実態が解るのではないでしょうか。

このような恩義のある国の事でも捻じ曲げてくるのが日本のメディアや権力の構造です。

多くの医師や専門家がコロナは大丈夫です。日本人の皆様も安心してください。と伝えてくれています。

https://youtu.be/tcfX4eq-T60 (専門家が語るコロナの安全性)

今の状況下でこんなに大切な情報はありません。

ですが、あくまで彼らは日本人に希望を持たせない方向にもっていきます。心を失わせる方向に誘導しています。

これらを繋ぎ合わせると今の騒動の正体が解るような話しではないでしょうか。

日本のメディアや教育をはじめ各分野は表面上は日本となっていますが、その中身は全く日本人のための機関ではなくなっているのです。

戦後からずっと私達はこうして精神性を捻じ曲げられてきています。

占領政策によって調和の心や誇りを奪い取られ、お互いが信じられなくなりました。

その中で私達は、競争社会に作り替えられた偽物の価値観に組み込まれ、他人より優れた者が偉いという価値観に染まりました。

こうして心が失われた影響で、日本の各分野も狂っていったのです。

本来の生き方を失った事により、競争で生き残りたい、上に行きたいという欲・エゴが中心になってしまったからです。

その結果、自分より権力や名声のある人が凄い存在だと勘違いするようになり、そういった人達の言う事を盲信するようになってしまいました。

メディア(権威・権力)を頑なに信じ、大切な国民同士が分断するような社会を受け入れる人が多いのもこういった事が深く関係しています。

各国のシンクタンク(社会問題を解決するための研究機関)では、自国の誇りを失った国は100年以内に滅びるという研究結果を出しています。

このままでは本当にそうなると感じるのは私だけではないはずです。

多くの人が頼りにしているメディアや権力は明らかにそこに向かっています。権力と利権を優先させている態度が鮮明です。

大変不快な話しで申し訳ないのですが、今現実に起こっている事実です。

ですから、盲信をやめて私達国民が自ら気付き、心ある生き方を取り戻していくしかありません。

日本人は本来、人を愛する深い心・肝の据わった生き方・不安や恐怖に屈せず調和力をもって物事を見抜く目を持っています。

かつての日本人は1人1人が貴重なのであり、権力や利権などに惑わされてはならないという事をしっかり解っていました。

調和の社会を作ったのは権力などではなく、1人1人の心が日本の社会を作ったのだと解っていたのです。

武道の気の「斬らない心・技」もここから出てきています。

これは競争社会からは絶対に出てきません。

江戸時代に260年以上もそのような文化を維持し、近代でも戦争が頻発して人種差別が当たり前だった時代でも差別撤廃を毅然と訴えたのが日本人であり、たくさんの弾圧された人々を植民地から解放しました。

行動の根底には人間としての愛があります。

このような事をしたのは日本人だけです。誇張ではありません。歴史的事実です。

私達1人1人がこれから良くなっていけるかどうかは、今一度心を取り戻せるかどうかにかかっているのではないでしょうか。

子供が貧困化したり、ましてや日本の文化って駄目だと感じさせてしまうような社会にした責任から大人は逃げてはいけないと思います。

それなのに連日のニュースが流すような偽情報に惑わされて、積極的にコロナ差別なるものをしたり、権力の言う事を盲信しているような有様でどうするのでしょうか。

私達自身が日本の心とは何かという事を深めるとともに、競争社会に作り替えられた社会の現状をもっと知り、

真剣に考え、お互いにしかできない調和力を発揮し共有していく必要があります。

私自身もこのような状況下でも稽古に来ていただける皆様の心意気からたくさん大切なものを与えていただき、気付きを与えていただいています。

日本人はこういう時でも最後は心を大切にできるし、調和力を発揮できるという事を改めて確信する事につながっています。

ですから余計に、こういう時代にこそ日本の心を失ってはいけないと思います。

皆様とはこれからも混乱に惑わされない生き方を共有させていただき、共に日本人の在り方を考えていければと思います。

毎回の稽古がご自分の気の創出につながり喜びを感じる事につなげていただければ大変嬉しく思います。

少しでもお返しができるように大切に稽古をさせていただきます。

これからも武道の気を深めましょう。

いつもご参加いただきありがとうございます。

保護者様にはお子様をお預けいただきありがとうございます。

少しずつ安定した稽古ができるようになってきたのも皆様のお陰であると思っております。

このような時でも稽古に来てくださる皆様の心と気を感じると尚の事そのように思えます。

心より感謝しております。

 


コロナ禍と呼ばれる社会になって1年以上が経過しました。

たくさんの葛藤や迷いを感じられた方も多いと思います。

ただ、最近この無駄に長引く騒動に対して「さすがにこの状況はおかしい・・・」と疑問に思われる方が増えてきています。

社会が混乱状態である事は1年前と変わりませんが、それでもテレビや新聞で報道される事を鵜吞みにしてはいけないと気付く人達が増えた事は不幸中の幸いと言っても良いと思えます。

そんな騒動の最中ですが、先日行われた会議でコロナ感染症対策の会長が、

コロナの終息は国民がインフルエンザと同じだと認識し、不安感や恐怖心がなくなった時ではないか」と会議で発言しました。

気付かれている方も多いと思いますが、当初から言われていたようにメディアが煽るような事態ではなかったという事が明確になっています。

この会長は今まで執拗に危険だ危険だとテレビで強調していた人物です。

もし、テレビや新聞が本当に国民のための組織であれば、こういった事実を取り上げ11人の冷静な判断や自由な行動を促そうとするはずです。

しかし、連日のニュースでは相変わらず感染者増加とか、まん延防止法適用だとか不安や恐怖、意見の対立と分断を煽るような報道を続けています。

沢山の人達が苦しんでいても、尚のこと有益な情報を伝えようとしないテレビや新聞の実態がここまで露わになると、ショックを受ける方も多いと思います。

ですが、そこを踏ん張り、これを良い機会と捉え、メディアは国民のためではなく、実際は利権や権力のために活動している機関だという事に気付く事が大切だと思います。

https://youtu.be/j44GUsvuZtk  (国民を騙し続けるメディア)

ここでしっかり事実を受け入れ11人が権力に依存しなくなり、自分達の心で判断するようになるという事は、競争社会の価値観から抜け出す事にもつながるからです。

今に始まった事ではありませんが、なぜ日本のメディアは、こうも日本人を貶めるような事ばかりをするのでしょうか。

それは日本のあらゆる分野が戦後の占領政策によって「心」を破壊されてしまった事が大きな原因の一つとなっています。

この問題に11人が真剣に目を向けないといけません。

なぜなら今の騒動は利権を欲する人達の思惑によって長引いている側面が大きく、メディアはその事に大きく関与しているからです。

それによってこれだけ多くの人達が苦しんでいます。

このメディアの実態に目を向ける事で、今の私達にとって大切な事は何かを共に考えるきっかけになればと思います。

 

戦後、日本人を真実から遠ざけるために特にメディアはありとあらゆる検閲を受けました。

検閲を通るものといえば、占領軍にとって都合の良い情報ばかりにされていきました。

GHQの占領政策の主な目的を和訳した文章にこうあります。

 

「真に日本人を支配し洗脳するためには自分達の過去に嫌悪の念を植えつけ、同時に戦争という言葉だけで目を背けるようにしていく。

そして、それが我々GHQに押し付けられた価値観ではなく、日本人が自らその事を選択したように思い込ませていく。

何故なら日本人がGHQに無理に押し付けられた価値観だと明確に自覚してしまえば、日本人は再び自立して立とうとする。

しかし、「自発的変身」だと信じ込ませておけば、より長期的な効果が期待でき日本人は我々にとって実に都合が良い存在になる。

アメリカは日本に対して寛大だという印象を与え、出来るかぎり我々アメリカが植えつけたものだと自覚させずに敗戦国民の自発的な自己批判に誘導していく。

その為にもたくさんの娯楽(スポーツ・スクリーン・セックスの3S政策)を与えて日本人を精神的な武装解除に持っていく」とあります。

 

大変不快な内容ですが、実際にこれは進められました。

それでも戦後すぐは日本人のために本当の事実を伝えようとした人達もいました。

ある新聞には「日本は敗戦をして多くの国民が深い傷を負いました。しかし、決して他国への侵略が目的で戦争をしたのではありません」とか、

「アメリカは関係のない日本の一般国民を多く巻き込んだ。必要以上の空襲、2度の原爆の使用。この罪から逃れる事はできないし、正当化する事もできないはずだ。」という報道も実際にありました。

ところがそのような報道をしている新聞は発行停止にあいます。

正当な報道をしようとした人達も公職追放されていきます。

なかには発行停止を連続で5回も受ける新聞社もあったそうです。

そして、戦後から3か月後には

「わが新聞社は新しい日本に向かって率先して国民を教育し指導しなければならない」とか、

「日本国民とは何か。それは支配者層とは明確に区別された存在だと自覚する者だ」などと新聞の見出しがおかしくなり始めます。

日本人の傷ついた心に理解を示し、真実を伝えようと努力し、日本の誇りまでは失わないでくださいと報じていた新聞は急変していったといいます。

戦前の報道も問題のある部分は多かったようですが、それでも戦後の変わりようはすさまじかったようです。

度重なる検閲、事実を伝えようとした職員の大量追放、その後に占領軍や共産勢力に買収された日本人が入り込み、多くの新聞社やラジオ会社は彼らにとって都合の良い組織に作り替えられていきました。

その時に権力を握った人達によって日本の新聞社やテレビ局の組織は管理も統制もされてきました。

この事実を言うと、なかには「戦後の事でしょ。今は違うはずだ」という意見を持つ方もいますが、実は今の方が酷くなっています。

戦後からずっと日本のメディアはこのような体制で進んできています。

戦後体制を永続させる事に協力する代わりに、多額の利権を獲得し続けてきたのが日本のテレビや新聞の正体です。

会社の体制もグローバルを推進する反日系や、アメリカや中国の思惑に利する人間が出世する仕組みでガッチリ固まっています。

組織が反日化しているといっても良いと思います。

日本の心を徹底的に封じ込め、仕方なく始めた戦争を、一方的に最悪の行為だと洗脳し、戦争を起こした日本・敗戦した日本を嫌悪し恥じるような思想を植えつけました。 

https://youtu.be/e_tQG33Bg-c (巻き込まれた日本)

日本は全てが悪い・全てが悪という思想は、やがて日本の精神は古くさい・ダサいという思想を無意識的に刷り込まれ、過去と真摯に向き合おうとする意識も失せます。

更には、3S政策にあるように数々の娯楽を与えられエゴと欲を増長させられ、競争社会のシステムで不安と恐怖で生きる事が当たり前にもなっていきます。

それらメディアの影響を受けた子供が大人になり、捻じ曲げられた思想のままそれぞれの職業に就いていけば日本の各分野も狂っていきます。

こうして日本人11人の調和力と自立心、物事を見抜いていく深い心は私達に気付かれないように巧妙に捻じ曲げられてきています。

https://youtu.be/rBD1DeTK6M4 (日本に謀略を仕掛け続ける共産主義)

これは私の勝手な私見でもなく、陰謀論でもありません。公式の文章で明かされている事実です。

それら一連の流れを作るための大きな担い手となっているのがメディアです。

私達大人は子供がスポーツや受験戦争、刺激の強い映画・漫画・アニメ・ゲームなどで心がおかしくならないように注意をして見守らなければなりません。

今回のコロナ禍でも国民に有益な情報を伝えて騒動終息に努力をするのではなく、権力と利権にとって都合の良い報道を選んでいます。

組織としてそのように完成してしまっているのです。

これらは長きにわたって日本の精神がおかしくなった大きな原因の一つである事。

今回のコロナ騒動が大きくなり、苦しむ日本人が増えている事につながっているという事実に目を向けていただければと思います。

ここで申し上げたい事は日本の戦争が正しかったとか、戦前の日本は正義だからそれを取り戻そうなどといった極論を言いたいのではありません。

ただ、日本が侵略者であるというのは全くの嘘であること、その嘘の認識により日本の心までも根こそぎ否定され失われようとしている事実があること、それは今を生きる私達にとって大変な不幸につながるという事を知っていただきたいのです。

この日本の精神は失ってはならないものなんだという意識を皆様と共有したいと思うのです。

2度と戦争なんてしたくないというのは誰もが同じだと思います。

ましてやコロナを利用した管理・搾取社会など誰も望んでいないはずです。

そうであるならば今の競争社会は何なのでしょうか。

戦争反対と言いながら常に日常的に欲とエゴで競争しています。

管理や搾取社会は嫌だと言いながら、このままではそうなる事に目を向けようとしない人達も大勢います。

子供達も訳も解らず競争システムに組み込まれてしまっています。

それは11人から日本の心が失われている事が大きな原因になってはいないでしょうか。

その失われた原因とは何なのでしょうか。

それが今のコロナ騒動にどう繋がっているのか。

こういう事に目を向けて、1人でも多くの方と一緒に日本の心を思い出していきたいと思うのです。

今後も利権や権力を欲する人達は、確実に国民の幸せとは逆の動きをしてきます。これは明確です。

まん延防止法なども、実質的には緊急事態宣言よりも締め付けを強くしたものです。

テレビもマスクをしていない人間を取り上げたり、従わない奴は非常識だと言わんばかりの報道を始めました。

見回り隊の結成など国民にたいする脅しです。

そんな事をやっておきながら何故かGoToトラベルが再開です。

メディアの言う理屈でいえば、感染拡大を防ぐためには一番やってはいけない政策のはずです。

彼らはコロナは恐ろしいウイルスではない事をとっくに解っているのです。

あくまで権力と利権を維持するための行動を優先します。

国民に十分な補償や支援をしない事は棚に上げて、言う事を聞かない国民が悪い。黙って我慢しろ。

従わない国民がいるから日本が苦しい状況になっているのだ。という理不尽を私達は押し付けられています。

まさしくGHQが仕掛けてきたプロパガンダの影響は今も続いていると言っても良いのではないでしょうか。

私達はいつまでもそのような思惑に誘導されてはいけないと思います。

https://youtu.be/wHczCyXXd_Q (解明されているコロナの安全性)

https://youtu.be/dfsYhlv5Q2g  (削除されていく安全性を伝える情報)

理不尽を押し付けられているのは私達自身です。言うなれば被害者同士です。助け合う者同士です。

マスクや消毒に疑問を呈する人達は敵ではなく、皆と同じ目に合いながら耐えている人達です。

これからは国民自らが気付き、お互いの力で社会を良くしていかなければならないのですから、もっと11人が大切な存在と認識するぐらいの気持ちがあって良いのではないでしょうか。

過度の感染対策で子供まで苦しめ、日本人同士で分断させられている場合ではありません。

今、求められているのは日本人本来の調和力です。同調圧力などという偽物の調和ではありません。

日本の心と文化、武道精神はアジアの人達から今も尊敬と感謝をされています。

例えばパプアニューギニアは台湾と同じく大変な親日国です。

そのパプアニューギニアに日本人が行くと大歓迎されるのです。

その歓迎ぶりは、うつ病の日本人が現地の人と一緒に過ごすと、人を信用する心を取り戻して病気から回復すると言われている程です。

実際に日本から現地に行って、本当に元気になって帰国してきたという人もいるぐらいですから大変な歓迎ぶりなのだと思います。

現地の人達は言います。

 

「我々ニューギニアは大変貧しい国だ。植民地支配も受けて更に貧しい国になった。

食事も生活も日本や欧州に比べると貧相な事だろう。

だけど日本人はそんな私達を嫌がらずに一緒に過ごしてくれた。

私達が出す食事を平気で食べてくれた時は心底驚いたものだ。

日本人が来る前は私達の食事や住まいは汚れたものとして扱われるのが当たり前だった。

日本人はそういう事は決してしなかった。

植民地支配から解放してくれただけではなく独立の支援もしてくれた。

あんな民族がいるのかと私達は深い感動とともに本当に驚かされたんだ。

今もニューギニアに来る日本人はそういう人が多い。

私達の日本に対する感謝と尊敬の気持ちは今も変わらない。」

 

このような話しはたくさんあります。

ここから見えてくるのは日本の調和力は現地の人達を愛する心なのであって、恐怖や洗脳による同調圧力などではないという事です。

今の日本はこれとは逆の「グローバルスタンダード」と呼ばれる競争社会の価値観に染まっています。

こういった事実をすぐには受け入れられない方も多いかもしれません。

しかし、競争社会の極みでもある植民地支配を経験した人達は、この価値観がどれほど人類を不幸にするかを身を以って知っています。

その人達が日本の心を今も大切に思い、見本としてくれているのです。

人間がどのような道に進むべきなのか気付くきっかけを与えてくれたのは日本人だと言ってくれているのです。

その日本人が競争によって心を失い、メディアの偽情報に踊らされているような有様でどうするのでしょうか。

https://youtu.be/npqSQcvzBtU (愛されている日本・日本のアジア統治の真実)

この事を私達は真剣に考えるべきであり、自分のためにも、周りの人のためにも見直すべきではないでしょうか。

私達はこんな素晴らしい精神をどういう経緯で失ってしまったのかを知り、心を深めていく必要があります。

アジアの人達は、日本人が理不尽に正面から向き合う肝の据わった生き方をしていた事、

そして、人を愛する心を身を以て体現していた事に賛同してくれていたのです。

https://youtu.be/5KnFqFA1_Gw (信頼される日本人)

日本人の調和の心、武士道精神をもって自分達から意識を変えていき、周りの人達と共に歩み直すにはどうすれば良いかを考えていく。

そのような気概を求められているタイミングではないでしょうか。

皆様とはこれからも混乱に惑わされない生き方と心を共有させていただき、共に日本人の在り方を考えていければと思います。

毎回の稽古がご自分の気の創出につながり喜びを感じる事につなげていただければ大変嬉しく思います。

少しでもお返しができるように大切に稽古をさせていただきます。

これからも武道の気を深めましょう。

いつもご参加いただきありがとうございます。

保護者様にはお子様をお預けいただきありがとうございます。

少しずつ安定した稽古ができるようになってきたのも皆様のお陰であると思っております。

このような時でも稽古に来てくださる皆様の心と気を感じると尚の事そのように思えます。

感謝しております。

 

鎌倉市空手道 大船道場ホームページ http://www.ofunakarate.com/

 

 空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257

 

 辻堂道場ホームページhttp://tsujidokarate.com/index.html

 

このページのトップヘ